橋本商会について

私達橋本商会は明治5年に初代橋本雄造が中津屋橋本商店の屋号で創業をして以来、150年近くを長崎に本店を置き、事業を行ってまいりました。金物、船具品を取り扱う商社から一時はサルベージ業や漁業、第二次世界大戦中は中国に進出し、飲食業を営むなど様々に業務内容を変えながら今日まで経営を行ってまいりました。
現在は産業用機器、設備用機器の販売から、太陽光発電設備、非常用発電機の施工も行う技術情報商社として、長崎を中心に主に九州地区内のお客様のご要望にお応えするべく、活動を行っています。
  私達橋本商会は、単に商材を販売する商社ではなく、地域社会の皆様のいろいろなお困り事を解決するためのお手伝いをするパートナーとしてこれからも皆様のお役に立ちたいと思っています。
創業以来、時代の要請に即して変化し続けながら、世の中が求めるニーズに応えていく。 それが私達のあり方であると考えます。

我々の強み

技術情報商社

「技術情報商社」として製品販売にとどまらず、付加価値の高い情報やサービスを提供しています。

創業明治5年

1872年の創業から、常に時代の変化を的確に捉えながら、その変化に業容を適応させこれまで歩んできました。

ブルーオーシャン戦略

これまでの価値観、商慣習を変えて、競争環境の少ない、新しい市場を創造していきます。

沿革

私達橋本商会は明治5年の創業より長崎を中心に時代の流れに合わせて事業を進めてまいりました。